読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

map() 関数の基本

python

呼称: map() 関数
目的: コードの凝縮、簡潔化、パフォーマンス最適化
特徴: リスト等の個々の要素に同じ操作を行う、不足要素は自動的に None で補う
用例: for ループの代替、lambda 式との併用
備考: zip() 関数と類似(自動的に短い要素に揃える)
サンプル:

  • for ループの代替
>>> l = ['simple', 'readability', 'performance']
>>> def print_values(x):
...     print x
...
>>> map(print_values, l)
simple
readability
performance
[None, None, None]
  • lambda 式との併用
>>> l = [1, 2, 3]
>>> map((lambda x: x**2), l)
[1, 4, 9]
広告を非表示にする