読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS 5.2 で Gauche を RPM パッケージからインストールする

gauche

CentOS 5.2 のデフォルトインストールだと、ビルド関連のパッケージがインストールされないようです。先ず、ビルド環境を構築するために yum を使ってビルド関連のパッケージをインストールします。その後、Gauche の tar ボールから RPM パッケージを作成します。Gauche の tar ボール内には、予め Gauche.spec ファイルが用意されているので、自分で spec ファイルを作成する必要はありません。

1) ビルド環境の構築
   (不要なものもありますが、面倒なのでまとめてインストールします(- -#)
$ sudo yum install rpm-build gcc* gdbm*

2) RPM パッケージの作成
$ sudo rpmbuild -ta Gauche-0.8.13.tgz
  (-t オプションを使うと tar ボール内の spec ファイルからビルドします)
~~~ snip ~~~
書き込み完了: /usr/src/redhat/SRPMS/Gauche-0.8.13-1.src.rpm
書き込み完了: /usr/src/redhat/RPMS/i386/Gauche-utf8-0.8.13-1.i386.rpm
書き込み完了: /usr/src/redhat/RPMS/i386/Gauche-common-0.8.13-1.i386.rpm
書き込み完了: /usr/src/redhat/RPMS/i386/Gauche-gdbm-utf8-0.8.13-1.i386.rpm

3) 作成した RPM パッケージをインストール
$ sudo rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/i386/Gauche-*.rpm
準備中...                ########################################### [100%]
   1:Gauche-common          ########################################### [ 33%]
   2:Gauche-utf8            ########################################### [ 67%]
   3:Gauche-gdbm-utf8       ########################################### [100%]

4) 確認
$ rpm -q Gauche-common Gauche-gdbm-utf8 Gauche-utf8
Gauche-common-0.8.13-1
Gauche-gdbm-utf8-0.8.13-1
Gauche-utf8-0.8.13-1

$ gosh -V
Gauche scheme interpreter, version 0.8.13 [utf-8,pthreads]

Fedora9 のパッケージスキームと全然違うのが謎。さらに GTKOpenGL 用のライブラリも付いているようです。

gauche-0.8.13-1.fc9.i386
gauche-devel-0.8.13-1.fc9.i386
gauche-gtk-0.4.1-17.fc9.i386
gauche-gl-0.4.4-3.fc9.i386

リファレンス:
Gauche・WiLiKi を入れた(CentOS)
Gaucheのrpmパッケージを作ってみる