読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OS X で vim の Python インタフェースを有効にする

macosx vi/vim

Mac OS X 10.6.6 (Snow Leopard) に標準でインストールされている vimPython インタフェースが有効になっていません。有効にするには、macports から vimコンパイルオプションをセットしてインストールする方法があります。一度やったはずなのに、その方法を全く思い出せません(> <)、次に来る買い替え時期か、OS を再インストールするときのために備忘録としてまとめておきます。

Python インタフェースが有効かどうかはバージョン情報を表示すると分かります。"-python" は無効になっていることを表します。

$ /usr/bin/vim --version | grep python
+printer -profile -python +quickfix +reltime -rightleft -ruby +scrollbind 

macports から Python インタフェースを有効にするためのコンパイルオプションを調べます。

$ sudo port variants vim
vim has the variants:
...
   python: Compatibility variant, requires +python25
     * requires python25
   python25: Enable Python scripting
     * conflicts with python26 python27 python31
   python26: Enable Python scripting
     * conflicts with python25 python27 python31
   python27: Enable Python scripting
     * conflicts with python25 python26 python31
   python31: Enable Python scripting
     * conflicts with python25 python26 python27
...

お好みの Python バージョンが指定できるようです。ここでは Python 2.7 でコンパイルすることにします。

$ sudo port clean vim
(# macports から vim をインストール済みなら先にアンインストールします)
($ sudo port uninstall vim)
$ sudo port install vim +python27

macports からインストールすると、/opt/local/bin に vim コマンドがインストールされます。

$ /opt/local/bin/vim --version | grep python
+path_extra -perl +persistent_undo +postscript +printer -profile +python 
-python3 +quickfix +reltime -rightleft -ruby +scrollbind +signs +smartindent 
Linking: /usr/bin/gcc-4.2   -L/opt/local/lib -arch x86_64 -o vim
             -lm  -lncurses -liconv -framework Cocoa
             -L/opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/lib/python2.7/config
             -lpython2.7 -framework CoreFoundation -u _PyMac_Error 
             /opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/Python     

"+python" に変わり、Python インタフェースが有効になりました。

リファレンス: