読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jython プログラミング

books python jython

ずっと積ん読になっていました。

購入したのはおよそ3年前。最近、私が Java を勉強し始めたという動機もあり、3日で読んでしまいました。3年も読めなかった本をいま読めてしまうというのは、いつか読むかもしれないから気になった書籍は取りあえず買っとけという気にさせてくれますね (^ ^;;

さて、本書は Jython の入門本であると同時にプログラミングの抽象概念を、著者の考察と簡潔な論理で説いてくれるので、とても分かりやすく参考になります。私は何となくそういうもんだと解釈していたことが、意図するものの背景を知って、新たな発見がいくつもありました。

Java の世界と Python の世界を行き来する

序盤は Eclipse の使い方や外部ライブラリのパスの通し方も丁寧に紹介されています。私は Eclipse を使い始めたばかりなので、そういった気遣いも嬉しいです。

Jython とは、Java で実装された Python の処理系です。JavaVM 上で Python の処理系が動くので、ほんの数行で Java の世界と Python の世界を行ったり来たりすることができます。本書を読む方は、どちらかの言語をある程度、知っていないと読んでいて混乱するかもしれません。本書内でも Java プログラマ向けに書かれたものだと説明されています。

Python から見たオブジェクト指向

5章まるまる1つの章がオブジェクト指向について著者の考察がサンプルコードと共に展開されます。冒頭の目的から引用します。

世の中の「オブジェクト指向」という言葉の使われ方を見ていると、おおざっぱに言って2つの「思想」があるように思えます。1つは「関連する変数や関数がコードのあちこちに散らばるのはよくない。ひとかたまりのモノとして扱えるべき。」という思想です。もう1つは「整数や関数などのいろいろなモノが、モノによって扱い方が違うのはよくない。統一的な方法で扱えるべき。」という思想です。この2つの思想はまったくの別物です。しかし、同じ「オブジェクト指向」という言葉で語られることが多く、まぎらわしいです。

私にとっては、5章が最もおもしろくて、とても勉強になりました。プログラミングは、ただ単に要件や仕様に沿ってコーディングするということじゃなくて、背景に「いろいろ」あって、効率良くプログラミングするために「いろいろ」あって、うまく言えないんだけど「いろいろ」考えとかないと後で大変なんだよー (> <)

。。。

といった「いろいろ」あるモノの1つが5章で分かりやすく説明されています。実際、私も経験して初めて実感したり、学べば学ぶほど新たな発見があったり、プログラミングって本当におもしろいものです。

オブジェクト指向にクラスは必須ではない

オブジェクト指向とは、クラスを作ってインスタンス化を指すのではないということを説明するために、Python のディクショナリと関数でクラスもどきを実装しています。

以前、私も同じようなことをハンズオン *1 で体験しましたが、当時の私には全く分かっていませんでした。クラスを使わずにクラスもどきを実装することで、オブジェクト指向の本質的な概念を理解するのに有用だと本章を読んで気付かされました。

タプルはなぜ生まれたか

Python のタプルから私が連想するものは、

  • 不変オブジェクト
  • ディクショナリのキーになる
  • 関数の返り値を1つするためにパックされるもの

といったものでした。厳密には、ディクショナリのキーになるのは、特殊メソッド __hash__ を実装して、ハッシュ値が算出できるオブジェクトという定義の方が正しいようです。

ディクショナリの検索は、ハッシュ値からキーに対する値を取得できますが、人間はハッシュ値ではなく、キーの中身で認識します。キーの中身が同じでハッシュ値が異なるものや、キーの中身が違うのにハッシュ値が同じものがあっては困ります。だから、リストではなく、タプルが必要なんだと、実際のコードサンプルと一緒に紹介されています。

継承は慎重に。多重継承はもっと慎重に。

「多重継承を使ったほうがいいコード」とは限りません。むしろ「使わないほうがいいのに多重継承を使ったコードはとても悪いコード」です。Java の作者が「いっそ多重継承は禁止にしてしまえ」と考えるほどです。きちんと理解せずに使うと大変なことになる、そんな危険性を秘めたテクニックだということを、まずは肝に銘じてください。

多重継承を考える際に、問題なのは菱形継承 (ダイヤモンド継承) であると著者は述べています。

Java はその複雑さを取り除くために、クラスの多重継承を禁止して、インターフェースのみ多重継承できるように解決しました。PythonC3 線形化アルゴリズムMRO (メソッド解決順序) を解決します *2

とはいえ、Python においても (理由なく) 菱形継承を行わない方が良さそうです。そういった課題はあるものの、多重継承ができるおかげで Mixin をうまく使って MRO を簡単に切り替えるというテクニックも使えます *3

テスト駆動開発Jython

Python は、wikipedia:グルー言語 としても便利なので、他の何かを扱うのも得意です。

本書では、JyConsole という補完機能をもつ Jython の対話的コンソールを Java プログラム (テストプログラム) 内に組み込むことで、「テストの清書」をする前に「テストのラフスケッチ」をすることを奨めています。

テストのような、地道に何度も実行して確認したりする用途には、Java でやるよりも Python の方がお手軽で良さそうです。対話的コンソールで、テストを書く前に試しに動かしてみる、色んな引数を与えてみるといったことも簡単にできます。おそらくそのお手軽さに反対する人はいないでしょう。

他にも Python には doctest というドキュメントにちょっとしたテストを兼ね備えた仕組みもあります。

広告を非表示にする