読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーダブルコード

books

うろ覚えですが、学生の頃、プログラミングの勉強をしていて、どこかのサイトに 1000 行以上のコードを書いてみるとその言語のプログラミングの雰囲気が分かるといった内容が書いてあったような気がします。本書は特定の言語に依存した内容ではありませんが、少しは言語依存の内容もあります。

言語仕様を学び、コーディングに慣れてきたら、その次に気になるのが設計だったり、抽象化だったり、人間にとって自然な概念や分かりやすさを表現したくなってきます。本書はそういった人間のための「リーダブルコード」を書くためのコツやその具体例が簡潔にまとめられています。リーダブルコードを書こうと意識するのもまた違ったプログラミングの醍醐味に触れる機会となるでしょう。

個人的におもしろかったところ、気付きがあったところを抜粋して紹介します。

名前重要、超重要!

面倒だからと言って汎用的な名前に逃げない

tmp・retval・foo のような名前をつけるのは、「名前のことなんて考えていません」と言っているようなものだ。このような「空虚な名前」をつけるのではなく、エンティティの値や目的を表した名前を選ぼう。

がーん。

出鼻からくじかれた気分になります。普段から気を付けていることですが、たまに使ってるときもあったりします。私は名前を付けるのが下手で、リファクタリングで名前を変えたりもちょくちょくします。まさに名前付けに王道なしって気がしました。

範囲指定の名前の付け方

これは英語ネイティブではない日本人だと分からない感覚です。素直にそのまま従うと良さそうです。本書では、実際に境界値を含む含まないを図解で解説しているのでさらに分かりやすいです。

  • 限界値を含めるときは min と max を使う
  • 範囲を指定するときは first と last を使う
  • 含有/排他的範囲には begin と end を使う
式を分割する変数の意義
  • 説明変数: 式の意味を説明する変数
  • 要約変数: 式を説明する必要がない場合でも概念を簡潔に表現する変数

この概念が私にとっては目から鱗でした。

式や関数呼び出しを、そのまま関数の引数に渡したり、戻り値として返すコードをよく書いたりしていました。ローカル変数に代入すべきかどうかを迷うときもよくあったのですが、説明したり要約したりする必要があるかどうかで1つの判断基準ができました。

スコープの意識

スコープが小さければ、短い名前でも良い

以前「名前に迷ったら長い名前を書けば良い」というプラクティスを実践していて、何でも長い名前を付けていたときがありました。

ほんの数行から十数行程度の小さなユーティリティ関数なら、関数名で分かりやすさを表現すれば、内部のローカル変数は短い名前でも良いように私も同意します。Python なら PEP8 を守って 80 行文字以内に収めようとするので、以下のようなコードは状況により名前を変えたりもします。

match = re.search(REGULAR_EXPRESSION, text)
if match:
    ...

m = re.search(REGULAR_EXPRESSION, description_to_be_explained_in_detail)
if m:
    ...
Javascript の「プライベート」変数のサンプル

スコープは、言語によって違うので、その言語の仕様やイディオムを理解しておく必要があります。慣れた言語のスコープが頭の中に残ってしまうので、Javascriptクロージャーを用いたサンプルコードの奇妙さからスコープの配慮の重要性が分かりやすかったです。こういったイディオムは、より深く言語を理解する上での取っ掛かりになりますね。

var submit_form = (function () {
    var submitted = false;
    return function (form_name) {
        if (submitted) {
            return ; // 二重投稿禁止
        }
        ...
        submitted = true;
    };
}());

コメントの書き方

私が唯一意識しているコメントの書き方は「意図を表す内容を書く」ということだけでした。本書では、それ以外にも良さそうな実例が紹介されています。

コメントを書かないモチベーション

優れたコード > ひどいコード + 優れたコメント

おもしろい表現です。ひどいコードを説明するのに労力をかけるなら、ちゃんとしたコードを書きなさいという教訓ですね。

ひどいコードにはマーキングする

さらにコードの修正を促すコメントを付けることも恥ずかしがってはいけないとあります。確かに他人のコードを修正するのはやや躊躇してしまうこともあるので、堂々とコードが汚いことを認めるのが良さそうです。よく使う記法です。XXX って危険という意味だったのですね、私は知りませんでした。

記法 典型的な意味
TODO あとで手をつける
FIXME 既知の不具合があるコード
HACK あまりキレイじゃない解決策
XXX 危険!大きな問題がある
分からなかったらググれ

以下のコメントもおもしろいです。

// ベクタのメモリを解放する (「STL swap 技法」で検索してみよう)
vector().swap(data);

まとめ

名前を分かりやすくすること、コードをキレイに保つこと。

リーダブルコードの最初の取っ掛かりです。たくさんコードを書いて、失敗して、工夫して、もっと良い方法を学ぶ。本書は、シンプルなテクニックを紹介していますが、多くのプログラマーの試行錯誤の上で生き残った実践的なテクニックだと思います。知っていることであっても、普段から注意してコーディングしているか、実践しているかを考えるきっかけにも良いと思います。

広告を非表示にする