読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人プログラマーの新装版がでたので読み直してみた

books

オーム社 さんから献本して頂きました。ありがとうございます!

原著は1999年10月20日に出版されたそうです。このブログ記事を書いているのが2016年11月なので17年前に書かれたことになります。元の出版社であるピアソンエデュケーション社が日本から撤退したことによりオーム社さんに移管され、その機会に翻訳も全面的に見直されたようです。

本書を読む動機付け

変化の速い IT 業界において17年前に書かれた本をいま読む価値があるのか?この問いに答えるのは難しいです。

開発プロジェクトという日々の業務では、様々な要件や移り変わる状況の中で何かしら制約がありつつも判断を下さなければなりません。それはアーキテクチャの策定であったり、開発方法論の実践だったり、個々の技術の選定だったりします。そこで判断を下し、そのときの判断が正しかったのかどうか、本当の意味でその正否はその後の歴史でしか分かりません。さらに何をもって正否と判断するのか。この正否の判断自体も多様な価値観で行われるものですが、達人プログラマーの原題である The Pragmatic ProgrammerPragmatic (実践的) という意味を借りて、広く浸透している考え方やうまく運用がまわっている仕組みをここでは正しいとします。その考え方が本当に広く浸透しているのか、その仕組みが多くの現場で使われているのか、それを私が保証することはできませんが、私の周りで見聞きする分にはそうみえるということで話を進めていきます。

閑話休題。本書を読むことで17年前に書かれた考え方や仕組みが 実践的に 正しかったのかどうかの一端を知ることができます。ともすれば、IT 業界というのは新しい技術や方法論が毎年たくさん出てきて、生き残るものもあれば消えていくものもまた多いです。そんな業界で17年も生き残っているものがあるとしたら、それは普遍的なものだと言ってしまっても過言ではないかもしれません。目新しいものに注意を取られがちな日常で何が本質かを考えたときにその基礎を教えてくれる、歴史を経た 達人プログラマー は単にプラクティスをまとめた本ではなくなっているように私は思います。

ある程度、業務でプログラマー経験のある方は私のような読み方もできますが、一方で経験の少ない若い方にとってはどうでしょうか。もちろん若い方へもお勧めしますが、本書の中で特定技術を例として紹介されているものの中には、いまは廃れてしまって現状にそぐわないものもあります。そのため、若い方が聞いたことのない特定技術が出てきたときは、その技術については自分で調べ直してみることが必要になります。訳注で補足をしている箇所もいくつかあるのであわせて確認してみてください。

達人プログラマーの所感

私が印象に残った節についていくつか抜粋しながら簡単に所感を書いていきます。

4 十分によいソフトウェア

この節ではソフトウェアのリリースをどのタイミングで行うかといった考え方を書いています。内容自体はプロジェクトマネージャーやプロダクトマネージャー向けに書かれているものですが、私は読んでいて、一般の開発者がいつプルリクエスト (以下PR) を送るかというタイミングを考えるときに似ているように思いました。

コードレビューをするのが当たり前のワークフローになりつつある昨今、どのタイミングで PR を送るか悩む人もいると思います。私は自分の中で8割ぐらいの品質になったら気軽に PR を送る方です。言わば、いくつかツッコミ所を残した状態で PR を送っています。その理由は次になります。

  • その PR の課題に対する解決策として設計や考え方があっているかどうかを判断してもらう
  • 全体からすると些細な内容でどう対応するかを自分の中でも迷いがあるので意見がほしい
  • 自分が書いたコードの意図が他人に伝わるかどうかをみてみる

そしてレビューしてもらって設計や考え方があっていないのであれば、やはり気軽に PR を取りやめて再設計します。どんなに時間をかけて品質をあげても他人の視点をもつことはできません。もちろん自分の中ではこの設計方針がベストだと考えて PR を送るわけですが、それまで自分が考えていなかった懸念や概念を他人から与えられることによって、他のやり方が妥当だと思うこともあります。

せっかく書いたコードを捨てるというのは悔しい行為だと思います。時間をかければかけるほど、サンクコストも気になってしまいます。時間 (コスト) のかかる機能開発だと進捗を小まめにレビューしてもらって手戻りを少なくする工夫をすると良いと思います。

7 二重化の過ち

いわゆる DRY原則 を紹介しながら、いろんな状況で二重化が起きることを説明しています。システム開発をしていて最も身近な問題の1つと言っても良いかもしれません。

プログラミングを始めた人にとって、おそらく初期段階でそこそこの規模のアプリケーションを実装していると実感すると思います。引き継いだ既存のアプリケーションの品質がよくないとそういった重複コードに悩むこともあります。

原則はあくまで原則でしかなく、結局のところその場その状況において何が最善であるかを選択する必要がでてきます。メリット/デメリットを考慮した上でやむを得ず二重化するという判断も現実にはあるでしょうが、二重化には多くの弊害があるという事実を知っておくことが重要です。そして、そうならないようにどうすれば良いかを考えていくことも重要です。そういう考え方をしているうちに、言語機能、設計手法や開発方法論で解決しようとしていることへの理解にもつながっていくように私は思います。

8 直交性

ときどき聞く言葉なのに私はちゃんと定義を把握していなかったので再学習しました。

「直交性」とは幾何学の分野から拝借してきた用語です。(中略)。この用語はコンピューティングの分野では、ある種の独立性、あるいは分離性を表しています。2つ以上のものごとで、片方を変更しても他方に影響を与えない場合、それらは直交していると呼ぶわけです。

直交性は DRY の原則とも密接に関係しています。またこの節では設計、ツール、コーディング、テスト、ドキュメントにおいても直交性の概念が適用できると紹介しています。

優れたフレームワークやライブラリ、良いプラクティスが共有されやすい昨今だと、直交性は当たり前過ぎてあまり意識することはないかもしれません。そういった背景にある概念を学ぶ良い機会にも思いました。

12 専用の言語

いまの言葉にすると ドメイン固有言語 (以下DSL) に相当すると思います。Tips としては以下のように書かれています。

問題領域に近いところでプログラミングを行うこと

この概念自体は適切だと思いますが、その事例の1つとしてミニ言語を実装する事例が紹介されています。またそれが必要な根拠として sendmail の設定は複雑なので DSL により制御を容易にする例を紹介しています。

達人プログラマーに書かれているほとんどの内容は、小さい開発プロジェクトにも大きい開発プロジェクトにも両方適用できるように書かれていますが、DSL に関して私は慎重派なので反対の立場にたってその理由を書いてみます。

もちろん巨大で複雑なプロジェクトや十分に成熟したアプリケーションに対して DSL が大きな価値を提供する場面があることは私も同意します。あえて反論しようと思ったのは DSL を開発するデメリットもあるからです。

  • 開発者にとって DSL の開発・保守コストがかかる
  • ユーザーにとって DSL の学習コストがかかる
  • ユーザーにとって DSL で書かれた機能や設定の保守コストがかかる
  • アプリケーション本体の機能と DSL が提供する機能の間にズレが生じる可能性がある
  • アプリケーション本体と DSL の依存関係を管理する必要がある

ざっと思いついたものをあげてみました。自分が取り組んでいる開発プロジェクトでこれらのコストを負担しても DSL を使うメリットがある場合は取り組んでも良いでしょう。逆にこれらのコストを考えずに安易に DSL を使うと将来の技術的負債となることもあると思います。

14 プレインテキストの威力

シンプル且つ意味深なように思えてなぜか印象に残りました。

知識はプレインテキストに保存すること

テキストの利点として以下をあげています。

  • 透明性が保証される
  • さまざまな活用ができる
  • テストが容易になる

いまどきの利点をさらにあげるとバージョン管理システムで差分管理しやすいという点も追加したいです。

これはこれで言っていることは正しいのですが、言わばテキストなら後から何とでもできるということでしかありません。もし特定用途に使いたいとしたらデータを正規化して扱いたくなるので、テキストデータは逆に曖昧で扱いにくいものです。例えば、HTTP/2 でバイナリープロトコルを採用した理由として、解析が容易でエラーチェックが厳密である利点があげられています。

18 デバッグ

私はこの節が好きです。残念ながらデバッグの手法は昔と比べてほとんど進歩がないように思います。大きく分けると以下の2つでしょう。

もちろん言語処理系の型システムが強力になったり、ツール/ライブラリが拡張されてより便利になったりはしています。しかし、エラーが発生して人間がソースコードを読みながら解析して原因を追求していくという行為自体はほとんど変わっていません。この節ではそのための心構えや戦略が丁寧に説かれています。

1つ私も過去にやっていた実践的な手法を紹介します。

問題の原因を探し出すための非常に簡単で効果的なテクニックとして、「誰かに説明する」という手法があります。

これはデバッグに限らず、コードレビューをレビューツール上だけでなく、レビューアに対面で説明するときにも有効です。説明しているうちに自分でもっと良い方法を思いついたりすることもあります。おそらく人間の思考として、ものごとを多面的にみる上でアウトプットの方法を変える手法が強力なんだと思います。

21 契約による設計

この節はどうなんでしょうね?あらかじめ要件や仕様を厳密にしやすい業務系ではこういった設計が定着しているのでしょうか?私は経験がなくて実践的にこの手法が使われているのかどうか知りません。

Web 業界ではまだまだここまで厳格な設計手法は定着していないように私は思います。また別の節にある表明プログラミングもそうですが、厳密さを保証するためのオーバーヘッド (実行効率や保守性など) もかかることから敬遠されがちなところもあると思います。

そう思ってはいるものの、最近契約による設計に関する記事をみかけたので以下を紹介しておきます。

28 時間的な結合

マルチスレッドを用いた並列処理について説明されています。さすがにこの節の内容や例は古くなってしまっているように感じます。非同期/並行処理 *1 は、プログラミング、システム設計、いろんな状況で本質的に難しい課題です。

この節ではワークフロー、アーキテクチャ、設計、インターフェースについて説明されていますが、内容がいまどきの Web 開発の問題とはややあっていないかもしれません。もちろん本書は Web 業界向けに書かれたものではないと思いますが、それでも昨今のクラウド化や開発方法論の変化との乖離により違和感があるのは仕方ないように思います。

1つだけ補足しておくと、昨今はそれぞれのプログラミング言語が非同期/並行処理をサポートする機能を提供していたりします。例えば、Python では asyncio というライブラリが標準で提供されています。そのライブラリはプログラマーが陥りがちな落とし穴を回避してくれます。そのため、自分で一から考えて作り込むのではなく、その言語やライブラリが提供する機能や仕組みに沿って開発するのがいまどきのプラクティスになるのではないかと思います。

31 偶発的プログラミング

本書を読みながらツイートしていて最も Impressions が高かったのがこの節でした。開発者が自分で実装しているコードをあまり理解せずに実装を進めてしまい、あるとき動かなくなってしまうときの背景や状況について説かれています。

いまはプログラミングを学ぶドキュメントがインターネット上にたくさんあっても、おそらくこの問題は昔よりも現在の方が起こりがちではないかと想像します。そして私自身も程度の違いはあれど実際にやっていると思います。誰かが作った優れたフレームワークやライブラリもこのことを助長します。

さらに何らかの問題や分からないことがあっても、大抵は stackoverflowqiita がその解決策として検索にヒットします。ほとんどの場合において、そこに書かれている内容を試せばうまくいくと思います。コードをそのままコピペする人もいるでしょう。それを繰り返した結果、簡単に偶発的プログラミングに陥ってしまいます。

以前ドワンゴの川上さんが仰っていた 膨大な数の二流のウェブエンジニア という言葉がずっと頭の中に残っています。

36 要求の落とし穴

この節も私は好きです。

要求は拾い集めるものではなく、掘り起こすものである

この言葉は的を射ています。要件定義はスキルの有無や頭の回転の速さに関係なく、その人の当事者意識の在り方に影響すると私は過去の経験則から考えています。つまり話を取りまとめて形式化するのが上手なことと、適切な要件を掘り起こすこととは違うということです。その当事者意識とはどうやって得られるのかの最たることも Tips に書かれています。

ユーザーの視点に立つには、ユーザーと働くこと

実際に業務でできるかと言うと難しい状況もあります。開発者がユーザーの気持ちを理解することが重要なのは誰しも経験から分かってくるように思います。ドッグフードを食べるとも言われたりしますが、可能であれば自分が開発しているアプリケーションやシステムを自分で積極的に使うことが最初の一歩になるはずです。

38 準備ができるまでは

この節では自分の勘と経験で直感的におかしいと感じたら一旦立ち止まることの大事さについて書かれています。そして、そのときにプロトタイピングがその不安材料を洗い出すことに役立つともあります。

ちょっと精神的な話になるかもしれませんが、私は無意識に考えることを意識的に活用するときがあります。難しいバグに悩まされている最中、帰ってきて寝て起きたら手がかりを閃いたという経験がある人も多いと思います。

未経験のものごとに取り組んでいると心理的に不安に思ってしまうのは仕方ないことです。そのときは分からなくてもずっと考え続けていることで、あるとき閃くんじゃないかと楽観的に信じ続けることが良い方向に働くときもあります。勉強するときもこのことは役に立ちます。いま分からなくてもずっと勉強しているとあるとき分かるんじゃないかと諦めてしまわない根拠に使えます。

誰しも分からないという状態は辛いです。その分からないストレスを下げる工夫にもなるのではないかと私は思います。

読みながらそのとき思ったこと・考えたこと

本書を読みながらツイートした内容です。余談ですが、先の所感を紹介する節を選定するときに自分のツイート分析から多くの人が関心をもってそうなものも考慮しました。ハッシュタグをつけておけば良かったと後で後悔しました (´・ω・`)

リファレンス

新装版 達人プログラマー 職人から名匠への道

新装版 達人プログラマー 職人から名匠への道

*1:この節では並列と並行の詳細には触れないとあるので、ここでも並列と並行の違いについては触れません。私の感覚的なもので非同期と並行をセットで考えるのでそのように書いています